スーツに似合うメンズヘアスタイル一覧

大人の男性としての髪型選び

大学生時代はどんな髪型をしていても特に何か制限を受けることはありませんので、飲食店に勤務をしているという人以外がかなり自由な髪型にしていたりします。

しかし大学3年生にもなると就職活動に本腰を入れていかないといけなくなるため、奇抜な髪型はやめて無難な印象になるようにする必要があります。

以前に比べて男性の髪型の自由度もかなり高くはなってきていますが、それでもこれからビジネスをしていく社会人として求められる髪型にはやはり一定のきまりがあります。

ビジネススーツを着用したときに合わせることを考えると、やはり基本的には短めで清潔感のある髪型にまとめておくということがよいと言えます。

どんな職業に就くかによってまたドレスコードには違いが出てきますが、一般的な企業勤務をするということなら「前髪は短く」「もみあげは伸ばさない」「襟足を伸ばさない」といったことが基本になってきます。

参考>>http://lipps.co.jp/hairstyle/mens/business/

特にこれから就職活動をするということでいうと、前髪が長く眉毛にかかるくらいの長さになっていると表情がはっきり見えないということから悪い印象を持たれてしまうことがあるので、顔全体をはっきり見せるように短めに切っておくようにしましょう。

清潔感のある髪型の作り方

ビジネススーツを着用するときにはシャツの襟や袖に汚れがついていないようにといった「清潔感」がポイントになってきます。

清潔感を出すことができるかどうかということは就活だけでなく婚活や営業活動など人前に出る時の重要要素になってくるので細かく研究をしておく価値は十分にあります。

そこでかなり重要なポイントになってくることとの一つが髪型です。

髪の毛というのは初対面の人を前にしたときに最初に目に入る情報の一つであるとともに、ケアがとても難しい体の部分でもあります。

まず昔からフケ症で気が付くとすぐにスーツの肩部分にたっぷりフケが落ちているといった体質の人は早めに皮膚科などに相談して治療をしておくということをすすめます。

女性の場合はやや緩和される傾向にあるものの、まだまだビジネスの現場においては男性の染髪は好意的に見られることはありません。

また耳が隠れるくらいの長さも男性にとっては「ロン毛」扱いになってしまうのでできるだけ短めの状態をキープしてこまめに切りに行くということも習慣にしておきたいところです。

同じくパーマをかけた髪の毛も自然なものでないとよくない印象に見られてしまうのでできるだけストレートヘアになるようにしておきましょう。

少し髪の毛が伸びたと感じた時には前髪を左右に分けるなどしておでこはできるだけ見せるようにした方が印象はよくなります。

意外と見落としがちな整髪剤

大学生~就活生の場合には髪の毛を短くしたときにはかなりたくさんの整髪剤を付けて髪の毛の流れを作ろうとしたりします。

確かにブロックショートのように髪の毛を大胆に左右に分けて流すというう方法をするときなどはたくさんの整髪剤が必要になります。

ですがあまりにも流れをつくろうとするあまり整髪剤をつけすぎて臭いが強くなってしまうということもよくあります。

この整髪剤の臭いというのは女性の化粧臭と同じように清潔感というところでNGが出る致命的な失敗です。

使用をするというときには香りにも十分注意をして、電車内やエレベーター内で周囲に迷惑をかけない強さにとどめておくようにしましょう。

同じ理由でビジネスシーンで香水を使用するというのもかなりなれた人でない限りおすすめできません。