30代男性におすすめ!スーツブランドと着こなしのコツ

脱若手!大人の男の風格を出せるスーツ選び

少子化の影響や企業の新規採用の手控えなどにより、「若手」と言われる人の年代は上昇する傾向があります。
とはいえ30代を過ぎた年齢はこれからの企業を支えていく主力な働き手として一皮むける時期であり、いつまでも周囲からフォローされるだけの頼りなさではいけません。

そこで30代になったなら、新入社員向けのスーツからも一旦卒業をして、大人の男としての魅力を引き出すことができる風格あるスーツに挑戦をしてもらいたいところです。

スーツの形については様々な分類がありますが、基本的な体型にあったサイズ感を見る方法として「Y型(細身)」「A型(標準)」「AB型(ややゆるめ)」「BB型(ゆるめ)」「E型(大きめ)」「K型(キングサイズ)」といったものがあります。

30代くらいになってくるとそれまでの生活や運動習慣によって体型にも差がついてくる頃かと思いますので、もともと細身サイズの人も体型を維持するのは難しいでしょう。

ですので30代になってから新たにスーツを購入するなら、思い切ったサイズチェンジを含めた採寸をしなおすことを考えてもらいたいです。

若い時期にはタイトなスリムタイプを好んでいたという人も、ここでややゆったり目のシルエットにしてみるというのもよい方法です。

複数のタイプのスーツを持つのもおすすめ

30代の前半くらいなら、20代のときの着こなしをそのまま続けていても問題はありません。
ですが30代も中盤くらいを迎えるなら、ワンランク上のスーツをオーダーしてみるのもよいでしょう。

20代のスーツにかける価格は高くても5万円くらいまでと思いますが、そこでワンランク上のオーダースーツとなる6~8万円くらいものを探してみてください。

おすすめのブランドとしては、オンワード樫山が展開している「五大陸」や、イタリアンスーツブランドやヨーロッパのブランドがあります。

ブランドそのものにこだわるというよりは、きちんとした仕立てをするところを選ぶ方が大事です。
どこに行って作ればよいかわからないという人なら、ISETANのオーダースーツで相談をしてみるということも非常におすすめになります。

スーツの見た目はシルエットや色などが大きな要素となりますが、実際の着心地や高級感というのはどのようにして作られているかという内部の仕立て方法がかなり重要になってきます。

ファッションブランドがスーツを販売していることもよくありますが、そうしたものは1着数十万円という値段のわりに仕立てがよくないということもあるので、それならば有名でなくともスーツ専門店でオーダーもしくはセミオーダーで作ってもらうほうが確実と言えます。