60代向け!シューズブランドまとめ

最高級革靴を履いてもよい年代になりました

60代男性といえば、ビジネスマンとしての人生を総決算する時期となります。
仕事だけでなくプライベートでも人生の先輩として若手を導く存在感を求められるので、やはりそれなりのアイテムは身につけるようにしたいところです。

若い時期には不相応に思えるような高級ファッションアイテムも60代なら十分に着こなしができるようになるので、1足は最高級のシューズを持ってみることをすすめます。

革靴メーカーとして年配者に似合う高級靴を出しているところとしては、アメリカの老舗靴ブランドである「オールデン」や、ロンドンの有名メーカー「ジョンロブ」があります。

ジョンロブといえば、過去に有名な政治家や経済界のトップのためのシューズを作ってきたということでも知られており、一流の男というイメージを出すには最適なブランドです。

ジョンロブの革靴のデザインはたくさんありますが、中でも60代からの男性におすすめなのはシンプルなキャップトゥやローファーといったもので、本皮の持つ艶やかさの中に深い色味と伝統を感じることができます。

国産メーカーなら「三陽山長」が今最も勢いのある靴ブランドです。
創業は2000年からと比較的若いのですが、日本人のための靴を作るというコンセプトのもと、多くの人をうならせる素晴らしい製品を販売しています。

60代からのアクティブ生活のために

また60代は会社を引退し、自分の趣味に生きるようになる時期でもあります。
定年後を見越して趣味を始める人も多く見られますが、自分の好きなことをアクティブに楽しむ60代というのは若い世代から見ても非常に魅力的です。

テレビなどで見かける60代以降の男性タレントさんの中には、カジュアルスタイルを上手に着こなしているという人も多く、デニムウエアやスニーカーといったものも60代ならではの着かたができます。

60代からのカジュアルウェアとしておすすめなのがスニーカーです。
スニーカーは年代を問わずに似合う靴として機能しますが、年配になってから選ぶならやはりファッション製の高いものがおすすめです。

ナイキやNew Balanceなどのレトロ系スニーカーは年配世代の着こなしと非常に相性がよく、ちょっと派手目なカラーのものを選んでおくと一気にオシャレ度が高まります。

履きやすさから今大人気のスリッポンも60代からのカジュアルファッションにとても良く似合います。
おすすめなのは白やパステルカラーなどの明るいタイプで、しっかり汚れのないようにして使用するということがポイントです。
少し大胆なヒョウ柄や迷彩柄、スゥエード地のものも案外浮かずに履くことができます。