合コンで勝つ!相手の気を引くファッション

合コンで見せるファッションセンスの決めては小物

合コンのようなはっきりとした出会いを求める場所なら、やはりいつもよりも気合を入れたおしゃれをしていきたいものです。

ですが案外合コンや婚活パーティーでは残念系なコーディネートをしてしまっている男性も多く見られています。

残念なコーディネートの例は大きく2つに分けることができ、両極端で方向違いを起こしてしまっています。

というのも片方がおしゃれとはほとんどむとんちゃくらしいだらしない格好をしているというタイプで、もう一つがおしゃれをしすぎて間違った方向に行ってしまっているタイプだからです。

おしゃれを全くしていない普段着そのままという格好の男性は素朴なのである意味母性本能の強い女性の目を引くことはできるかもしれません。

ですが気合を入れておしゃれをしすぎてしまった男性というのは「ナルシストっぽい」という女性に嫌われやすい性格的特徴を見せてしまうことになるので合コンでよい印象を見せるのは難しいでしょう。

合コンでのおしゃれのコツはあくまでも「やりすぎない」ということです。

持ち物全てをブランド物でびっしり固めるのではなく、ネクタイやブレスレット、マフラーといったさりげないところにお金をかけていると女性からは印象がぐっとよくなります。

シンプル系を極めることが一番の速道

合コンなど女性が多く集まるところでファッションセンスを光らせるなら、派手な格好ではなくシンプル系を極める方がずっと楽だし確実です。

これからお付き合いをする人を探したいという女性の場合、20歳も近くなるとかなり男性を見る目もしっかりしてくるため「一緒にいて自分を大切にしてくれそうな人」「しっかりとした生活観念がある人」といったところを気にするようになります。

そこで清潔感があるスタイルをさりげなくすることができるところを見せることで、余計なお金をかけないのに上手におしゃれをすることができるという人間的なセンスの良さを感じてもらうことができます。

ただしあまりにもファストファッションばかりの安物で固めていると「この人ケチなの?」という印象になるので、着ているものはそこそこだけど細かい持ち物にはきちんとお金をかけているというところも見せるようにするのが大事です。

なお「見せる」といってもわざわざ女性にコレ見て!とアピールする必要は全くなく、普通に会話をしているだけでも多くの女性は細かく男性の見た目や持ち物をチェックしてきますので安心してください。

脱無地でワンランク上を狙う

シンプルなファッションの基本は無地の洋服の着こなしです。

ここ最近の流行としてプリントTや柄物よりは、単色のシャツやニットが好まれる傾向があります。

ですがいつも常に無地の服ばかりを着ていると着まわしが平凡になってしまいがちであり、そこそこという印象にとどまってしまいます。

そこでワンランク上を狙うなら無地だけでなく細かい柄のものをうまく取り入れることがおすすめになってきます。

ただし定番のチェックの場合などはシャツとチノパンというような合わせ方をすると平凡な大学生ウェアになってしまいます。

同じチェックでも配色を考えたり、パンツやハットとして使うといったやり方の方がポイントアップになります。