メンズ冬服ファッションを知る

冬こそセンスをアップさせるチャンス

寒い時期になってくるとちょっとした外出にも多くの衣服を使うようになりますよね。

夏場はなんとなくTシャツにハーフパンツだけでしのげていたとしても、寒い冬となるとそれだけでなく倍以上のアイテムを身につけなくてはいけなくなります。

パンツ、シャツだけでなくインナーに使うトップスやコート、マフラー、ニット製品など合わせ方にも気を使うアイテムも増えます。

アイテムが増えるということはそれだけ色使いや形にもこだわらないといけないということで、無造作に実用だけに気を使っていると統一感のない野暮ったい見た目になってしまいます。

冬のメンズファッションの基本はまず最も目立つコートを中心に、そこにどういった組み合わせができるかを組み立てていくということです。

コートやアウターは1枚あたりの価格が高いものも多いですが、こだわりのあるものを一つおさえておくだけで冬の着こなしで困ることがなくなります。

たくさんの洋服の組み合わせが苦手という男性であってもとりあえずお気に入りのコートと主なアイテムの組み合わせを作っておけば、パンツやトップスなどで細かく悩む必要がありません。

外出時のファッションは8割方コート・アウターが決まると言ってもいいでしょう。

参考>>http://mensfashion.cc/fs/mensfashion/c/kf

男性向けの定番コート

コートには数年ごとの流行があります。

ですが流行の最先端ということではないまでも、とりあえず長く着ることができる定番コートというものもあります。

プライベートでの勝負デートなどちょっと尖った服装をしたいという時のために一番流行しているものを購入するのもよいですが、それとは別に普段から使える無難なものも一つ持っておきたいところです。

男性向けのコートの定番としてまずおすすめになるのが「チェスターコート」です。

チェスターコートは主に黒系~ブラウン系一色だけで仕立てられたコートで、テーラードジャケットがコートになったようなフォーマル感があるのが特徴です。

チェスターコートにも青系や赤系など遊び心のある色使いをしているものもありますが、基本的にはスーツ選びと同じくおとなしめの色のものを一つ持っておくのがおすすめになります。

チェスターコートのよいところはビジネススーツからカジュアルファッションまでどんな服装にも合わせることができるということです。

ですので通勤通学から就職活動まで幅広く使用をしていくことができます。

ただしちょっと注意をしたいのが、チェスターコートは腰から太ももまでをすっぽりと隠す長い丈で作られているため、ダボついたパンツでは足元がキレイに見えないということです。

ちょっと細めのパンツと合わせることできれいなYラインのシルエットが作れるので体型にかかわらずパンツ選びには気をつけてください。

カジュアルなシーンで活躍するダッフルコート

チェスターコートよりちょっと着こなしが難しいのがここ最近流行しているダッフルコートです。

ダッフルコートはフードがついていてネック部分が高くなっているというところに特徴があります。

高校生や大学生に人気があるタイプですが、社会人でも上手に着こなしていくことで十分おしゃれな着こなしができます。

大人なダッフルコートの着こなしとしては、前を全部閉めるのではなく中のトップスと上手に組み合わせていくということがあります。

中に着るトップスやニットの色を明るいダッフルコートでは暗めに、暗い色のダッフルコートなら明るめにといったコントラストを取り入れていくことで垢抜けた印象にすることができます。