一人暮らしの男性にお勧めの料理術

今どきの男性は料理スキルも重要

「男子厨房に入らず」が通用していた時代はもう数十年も前のことで、いまどきの男子は料理ができて当然というくらいにまでスキルが求められています。

男性向けの料理教室はもとより、男性の料理研究家が男性向けの料理番組をしたり雑誌を発行したりするということも当たり前になり、男性にとって料理を始めやすい環境は十分に整っていまます。

一人暮らしの男性に「料理をしろ」というと面倒がられるかもしれませんが、発想を裏返せば自分の好きな素材のものを好きなだけ食べられて、しかも外食よりも安いということにもできます。

誰かに作ってもらう料理もそれはそれで嬉しくおいしいものですが、自分でするからこそ出せる味や楽しさもあるのでぜひこれから料理の腕前をどんどん上げていってもらいたいです。

男の料理の醍醐味は「ボリューム感満点の手軽で大胆な料理」です。

まずは自分の好物を作れるようになれるよう、気に入った素材のものから挑戦をするのがおすすめです。

豚バラブロックを豪快に使う

男性が作る男性向けの料理として特に人気が高いのが豚バラ肉などのブロックを使った料理です。

豚の他に牛でも鳥でもお好みで使い分けてもよいのですが、栄養価や味付けを考えると豚肉が最も手軽で作りやすい素材を言えます。

豚バラブロックは塊で売られているのでまずそれを購入してきたら、まとめて調理をしてしまいます。

基本的に肉類は冷蔵庫で保管すればかなりもちますが、豚肉は特に寄生虫などの危険もあるので購入をしたら早めに加熱をしてしまうか、もしくは冷凍保存をするようにしましょう。

豚肉を使った料理で簡単で手軽なのがまずシンプルに食べやすい大きさに切って焼いて食べる豚丼です。

タレもその気になれば自作できますが、面倒なら市販のつゆや焼肉のタレなどを使えば一瞬で料理が終わります。

焼くよりもちょっと時間はかかりますが、丸ごと煮てから少しずつ切って食べるという方法もあります。

このとき煮汁に味付けをすることでチャーシューなどにすることもできます。

オーブンで丸ごと焼きにしても肉汁が中に溜まっておいしいのでまずはいろいろブロック肉を使ってためしてみるとよいでしょう。

野菜も大半は冷凍保存できます

一人暮らしの料理で最も大切になるのが食材の保存です。

一人では食べられる量に限りが有り、また急な誘いを受けて外食をしたようなときには食材があまってしまいます。

まとめて買った食材を腐らせないためにも、できるだけ足のつきやすい生鮮食品や肉類は下ごしらえや調理をして冷凍保存をするようにしましょう。

この保存がうまくできるようになるとより料理を手軽に、無駄なくやっていくことができるようになります。