男の汗・におい対策!【ミドル脂臭】の原因って?

30代半ばからの臭いに注意!

加齢臭は50代に入ってからと、油断していませんか。
しかし、加齢臭の手前の年代で発するミドル脂臭と呼ばれる体臭は、加齢臭よりも嫌われることがあるので要注意です。

加齢臭は50代半ばから発生する体臭です。
その臭いは枯れ草のよう、古本のようと表現されるカサカサした感じの臭いがするのが特徴です。

しかし、その手前40代の男性に多いのが、ミドル脂臭です。
ミドル脂臭は30代半ばから50代半ばあたりに起こる体臭で、40代がピークといわれています。

この臭いの原因は、ジアセチルと呼ばれる成分です。
汗に含まれる乳酸が、頭皮の常在菌の代表と言えるブドウ球菌によって分解、そこで生成されるジアセチルと呼ばれる成分から臭いを発生します。

ジアセチルの臭いは腐ったチーズのような、古い油のような臭いと表現されることが多く、ジアセチルがごくわずかしか分泌とれなくても、強く臭うのが特徴です。
一般的な加齢臭よりも、異臭を放つので嫌われることが多いため、この年代は体臭ケアが欠かせません。

50代半ばから発生する加齢臭は、2-ノネナールという成分が引き金となっています。
ところがミドル脂臭の原因といわれるジアセチルは、2-ノネナールに比べて空気中に広がりやすく、皮脂と混ざることで、さらに臭いが強くなります。

ミドル脂臭の発生場所

このミドル脂臭は、主に頭皮から発生します。
20代から30代半ばくらいまでは、このような体臭は発生せず、この年代の体臭の原因は主に、脇などから分泌される汗が雑菌によって分解された臭いです。

しかし30代半ばになると、背中から徐々に加齢臭の原因となる2-ノネナールが発生し始めます。
さらに頭皮からジアセチルが発生してミドル脂臭も始まるため、汗による体臭、ジアセチルによるミドル脂臭、2-ノネナールによる加齢臭と、3つの体臭が混ざり合って、中年期独特の体臭が発生するのです。

この臭いに最も敏感なのは娘、妻などの家族ですが、職場でも体臭が気になるという人が多いので要注意です。

化粧品メーカーのマンダムが実施したアンケートによると、職場で同僚の身だしなみについて「どうにかしてほしい」と思う事柄の第一は「ニオイ(体臭・口臭)」で、60%がニオイが気になると答えています。
特に女性にミドル脂臭を気にする人が多く、男女別で見ると臭いが気になると回答した女性は70%を超えていました。

参考記事
LUCIDO(ルシード)

ミドル脂臭の対策方法

ミドル脂臭対策では、ニオイのケアがしっかりと行えるシャンプーやボディウォッシュを使うのが有効です。

また職場などでは、体や後頭部をボディペーパーでこまめに拭き取りましょう。
ミドル脂臭用の、ボディペーパーも販売されているので、それを使ってみてはいかがでしょうか。

ミドル脂臭は30代なかばから始まります。
あの人、オジサン臭い!と言われる前に、臭いケアを始めましょう!